メディプラスゲル 効果

メディプラスゲルでニキビができた?その原因は?

メディプラスゲルは、化粧水、乳液、美容液、クリームの成分が入ったオールインワンゲルです。
保湿力が優れており、美容成分が豊富に含まれています。
また、低刺激で肌が敏感な方にも使用することができます。
メディプラスゲルを使用してニキビができることがあるとき、それはどのような原因なのでしょうか。

洗顔不足

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まり、菌が繁殖をして炎症を起こすことが始まりです。
ニキビの一番の原因は汚れが落ちていないことが挙げられます。
メディプラスゲルは、保湿力に優れており、必要な成分を封をして閉じ込めるような感じで、浸透していきます。
つまり一度付けるとぴったり密着して、逃さないような仕組みになっているのです。
そもそも洗顔不足で汚れが落ちていない状態で、メディプラスゲルを使うと汚れが残ったまま、保湿されることになります。
これが毛穴がつまる原因となり、ニキビができるきっかけとなってしまうのです。
ですからニキビを作らないためには、まず根本的にクレンジングと洗顔をしっかりおこなって、汚れを落とすことがよいです。

保湿されすぎ

ニキビは毛穴に皮脂が溜まることで、できやすい環境になります。
メディプラスゲルは、保湿力に優れていますので、保湿されすぎて余分な皮脂が分泌され、ニキビができていることが考えられます。
乾燥肌の方は足らない油分をメディプラスゲルでおぎなうことができますが、もともと脂性肌の方は皮脂の分泌量が多いですので、さらに追加されるような格好になります。
しかしながら、ニキビは乾燥しすぎてもできてしまいます。
自分で乾燥を潤そうとして余分な皮脂を分泌しようとするからです。
ですからそのバランスが大切なのですが、うまくバランスが取れていないことが考えられます。
自分で付ける量を調節していくこともよいかもしれないです。

化粧品が合ってない

誰にでも合う合わない化粧品があります。
使ったその時にわかるときもありますが、数日後肌荒れをしてきて、原因が新しい化粧品だったということもよくあることです。
敏感肌の人にも使えるような成分なのですが、予期しないで荒れることもあります。
この場合本当に使う前に、パッチテストなどをして荒れないか確認することも大切です。
自分が始めて使う化粧品に合わないタイプだと分かっている場合、最初からよく確認して使うことがニキビなどの肌荒れの、トラブルを防ぐことができるポイントです。

まとめ

メディプラスゲルは、敏感肌の方にも使用できるオールインワンゲルです。
しかしながら、少しのことで荒れてしまうことも、化粧品ですのでありえます。
自分が肌荒れを起こしてしまうタイプの人間なら、最初によく確認していくことで未然に防ぐことにつながります。
洗顔不足を改善したり、使う量の調節などでうまくいくこともありますので、最初だけでも少しずつ変えていって、自分にあう使い方を見つけていけるとよいです。

メディプラスゲル